月経カップとは?使い方や取れない危険は?日本製のものはあるの?

   

月経カップ

こんにちは、アオイです!

 

ここ最近新しい生理用品として

じわじわ注目されている「月経カップ」

 

一体どんなものなのか?

使い方や危険性など調べてみました。

 

スポンサードリンク

月経カップとは?

 

布ナプキン派の人も増えてきましたが、

生理用品といえば紙ナプキンやタンポンが

やはり主流となっています。

 

それらとは全く形の異なる月経カップは、

シリコン製のものが基本となっており、

石けんなどを使って付着した経血を洗い流せば

何度でも繰り返し使うことが出来る。

 

経血が多い人でも1日2~3回交換すれば大丈夫

という快適さや漏れる心配の無さから、

欧米では生理用品の主流になりつつあります。

 

月経カップの使い方

 

①月経カップは煮沸消毒する
(冷ましてから入れる)

②手を清潔に洗う

③買ったばかりの月経カップは底の部分に

長い柄のようなものが付いてるので(ない場合もある)

あらかじめハサミで切っておく

④カップのふちをUの字に折り曲げる

⑤その状態でカップを挿入

⑥全て膣内に入ったら下部の先端を押す
(膣内でカップが開く)

 

◎外し方

①手を洗う

②中腰にかがむ

③膣に力を入れてカップを押し出す

④カップの下部が出てきたら取り出す

 

いずれにせよ中まで手をいれるので

しっかりと衛生面に配慮するのが

なによりのポイントです。

 

取れなくなる危険性は?

 

タンポンと違ってヒモもついてないし

「取れなくなったりしたら…」

と考えると不安ですよね。

 

結論から言うと心配ありません♪

 

膣壁に密着して取れにくい事もあるそうですが、

深呼吸をして体の力を抜きリラックスした状態で

指を入れて少しカップを凹ませれば取れます。

 

焦って無理矢理取り出そうとすると

粘膜を傷つける可能性があるので一番危険です。

 

焦る気持ちも分かりますが、

大丈夫なのでまずは落ち着きましょう。

 

 

日本製の月経カップはある?

 

 

現段階では「海外製」のものしかありません。

 

佐賀市のネット通販会社「イマリ」が

国産生理用品「月経カップ」を開発し、

販売に向けて動き出している

というニュースも見かけたのですが、

 

楽天などの通販サイトのラインナップを見る限りでは

未だ本格販売までは至っていないようです。

 

月経カップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

・月経カップはシリコン製で何度も洗って使える

・取れにくいことはあっても取れなくなる危険性は無い

・現段階では日本製の月経カップは販売されていない

 

経済的なことを考えると

何度も使えるというのはありがたいですよね。

旅行などの場合紙ナプキンだとかなりかさばりますし、

荷造りの段階から気分が下がります(笑)

 

私は多い日はタンポン派でしたが

月経カップに乗り換えようかなぁ?

 

スポンサードリンク

 - 気になる商品