ブラックボックス展の開催場所や選別基準を調査!行った人の感想も!

      2017/07/06

こんにちは、アオイです!

 

参加しても会期終了までネタバレ禁止ということで、
多くの謎に包まれているブラックボックス展。

サザエBOTの「なかのひとよさん」が主催しており、
入場者の選別まで行われているため、
Twitterでもかなり話題となっています。

 

秘密にされるほど、
知りたくなっちゃうのが人間ですよね!笑

というわけで今回は、
ブラックボックス展について調べてみました。

スポンサードリンク

ブラックボックス展の開催場所は?

六本木のART&SCIENCE GALLERY LAB AXIOM
という駅から歩いて5分ほどの場所で行われています。

開催期間は2017 年の 5 月 6 日(土)~ 6 月 17 日(土)まで
時間は13:00~19:00

朝早くから行ってもやってないので気をつけましょう!

 

★入場料はいくら?

以前は無料だったみたいですが、
2017年6月13日から「アルテマレベル」になってからは
入場料が1000円かかります

 

ブラックボックス展の選別基準はどうなってるの?

ここまで盛り上がりを見せる大きな要因となっているのが、
入り口でのバウンサー(門番)による鑑賞者の選別

 

ここで落とされると事前に炎天下や雨の中
どれだけ待ったとしても中に入ることが出来ません。
しかしながら肝心の選別基準に関しては【非公開】

 

そうはいってもなにかしらのヒントが得られるのでは?
と思いTwitterに投稿されていた選別の様子を撮影した
動画を見ていたところいくつか基準が見えてきました。

 

さすがに「ここを押さえたら100%いける!」
とまでは言い切れませんがある程度の参考にはなると思います。

 

★動画から見えてきた選別基準

 

①男性の場合半袖短パンは避ける

「オレ、今からバーベキューします!」とでも言い出しそうな
夏を感じさせる半袖短パンの男性はかなりの確立で落とされていた。

 

②女性の場合セクシーな服装は避ける

マキシタイプのワンピースでもスリットが入っていたり
胸元が大胆に開いている人は落とされていた。

 

③ウェイ系のノリやキャピキャピ感を出さない

やんちゃそうな男子学生の集団が、
光の速さで一気に全員落とされていた。

 

④手に荷物は持たない

基本的に皆カバン以外のものは持っておらず、
ショップ袋などをさげている人はいなかった。

 

⑤男性の方が落とされる確率が高い

男女比を見てみると圧倒的に男性の方が落とされていたので、
カップルで行く場合は彼女だけ入れたけど自分は…
という最悪の状況も覚悟していった方がいい。

 

⑥おとなしそう&神妙な面持ち

どちらかというと活発な雰囲気が感じられない
静かでおとなしそうな人ほど選ばれていた。

「騒いじゃうのが心配☆」
というパリピ気質な人ほど一人で行ったほうが良さげ。

 

まあ、ざっくりと総括すると
【バイトの面接に行くときのような気持ち&服装】
で行けばある程度間違い無いということだね(笑)

 

ブラックボックス展に実際に行った人の感想!

「謎だらけとはいえ、結局のところどうなの?」
というのが気になるところですよね。

実際に参加した方の感想を見れば、
なんとなくの雰囲気くらいは掴めるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人によって様々ですが全体的には、
なかなか高評価な感想が多いような印象。

 

私はブラックボックスという名前の雰囲気から、
感想を読む前はダイアログ・イン・ザ・ダーク
みたいな感じかと思っていましたが、違うみたいですね。

 

違うとなると、
ますます気になってしまう(笑)

 

ちなみにダイアログ・イン・ザ・ダークとは、
視覚障害者の案内のもとチームを組んだ人たちと
暗闇の世界を体験するドイツ生まれのイベント

周りの友達に「これ良いよ!」と薦められたのもあって、
これはこれでいつか体験してみたいイベントの一つです。

 

まとめ

・ブラックボックス展は六本木で開催されている

・選別基準は非公開ですがウェイ系のノリを避け、
バイトの面接に行くような服装&気持ちで

・全体的には高評価な感想が目立つ

 

なんだか自分の中の何かが目覚めそうな
予感のするブラックボックス展。

もしも関東圏に住んでたら絶対行ってたなあ。
選別のことを考えるとさすがに遠出組にはリスクが高いんだよね(笑)

開催は6月17日までなので、
迷っている関東圏の方は是非覚悟を決めて行ってみては?

★ブラックボックス展公式サイト

 

 

スポンサードリンク

 - イベント